身近に、気軽に、

あなたの会社に保健室

●産業福祉健康サポート

●介護支援プラン作成サポート

いま、職場の健康問題は多様化・深刻化しています

従業員の高齢化・介護・本人の健康問題など様々な理由で職場を離れる方が増えています。少子高齢化が進み人材不足と言われる昨今、労働力の減少は会社・社会にとって大きな問題です。個々のニーズに応じた健康管理がなにより大切とF・Linkは考えます。

専門家チーム

F・Linkの産業福祉健康サポートサービスは、産業看護職だけでなくケアマネージャー、社会福祉士、栄養管理士、医師などの専門家がチームとなって会社の皆様の健康問題に取り組み関わっていきます。

​移動ほけん室®

もっと身近にもっと気軽に健康の専門家のサポートを提供するため、全国で初めてキャンピングカーを使った「移動ほけん室」を作りました。面談室等がない店舗や工場でも、プライバシーを守りリラックスした空間で個々の健康問題のご相談に応じます。

​年額12万円~

保健師を雇用する人材コストはとても高く、年間350~700万円と言われています。 F・Linkの産業福祉健康サポートサービスの年間契約は約12万円から。あなたの会社のニーズに合わせてぴったりのプランをご提案します。

健康リテラシー向上

健康セミナーなどの啓発活動により、健康の大切さを深く知ってもらいます。 納得すれば行動が変わり、健康に対する考え方や生活様式が変わります。

仕事と介護の両立

潜在化し、職場での仕事や対人関係に悪影響を及ぼす介護問題。気軽に相談できる環境づくりや介護支援プランの活用で、介護離職を予防することができます。

健診後の再検査率UP

会社で定期的に行う健康診断で、要医療・要再検査などの結果を受けてもそのまま放置していては意味がありません。再検査や生活改善など見直しがとても重要です。

高ストレス者減少

従業員のストレスチェック後にオンラインや訪問で個別ヒアリングを行います。 様々なストレスに悩む方にじっくり向き合い対応します。

ストレスチェック実施サポート

年に1度ストレスチェック実施のアドバイスや補助的面談等。

集団分析結果の対応策についてサポートします。

健康診断結果の分析・相談

要再検査等のピックアップ、健康課題の抽出、改善提案。 要指導対象者への保健指導。

メンタルヘルスケア相談

従業員の健康・メンタルヘルスの問題、介護予防相談等。

過労、生活問題、パワハラ、うつ等様々な相談にのります。

健康セミナー開催

健康分析から導いた課題について、健康に対する知識や意識を 高める啓発セミナーを開催します。

介護支援プラン作成

面談によるヒアリング、個々の問題に応じたプランの提案。 人事担当者への報告等サポートします。

休職者との面談

健康面の問題で休職している従業員との面談。健康状態等の 確認や、復帰時の健康相談に応じます。

過重労働対策

医師面接の補足的面談。健康診断結果の確認や、疲労蓄積度の 自己診断チェックの相談。

職場巡視

産業医、人事担当者との職場巡視。 現場環境の情報共有。

up.png

株式会社  F・Link(フリンク)

​一般社団法人 産業福祉健康協会