災害産業保健研究会

(災害さんぽ)

 2018年、F・Linkでは大阪府北部地震や台風21号で被害を受けた職場への健康支援(外部支援)を経験し、被災した職場における産業保健(災害産業保健)の必要性と、各企業や地域におけるBCP(事業継続計画)の重要性を強く感じました。

『災害に強くなる!』とういうのは一体全体どういうことなのでしょうか?

災害大国「日本」で生活する私たちとしては、防災も大切ですが、被災したあとのことを想定し、そのときどう対応したらいいのかという「最善の計画」を立てておくことが、もっと重要なことではないかと考えます。

災害は予期せぬときに起こり、私たちの生活に関わるあらゆるものを壊してしまいます。災害によって、生活環境・労働環境が一変してしまうのです。

そのような状況で、企業の機能をいち早く取り戻すこと、業務を継続することは経営上重要なことです。そして、社会に対する役割・責任が果たせるという点では必要不可欠なことであると考えます。

企業の機能をいち早く取り戻すためには、従業員が健康に働けなければなりません。しかし、生活環境・労働環境が一変し、ライフラインや企業の設備に制限があり、従業員やその家族も被災している状況で健康を維持するためには、様々な支援や専門家のアドバイスが必要になります。

私たちは、個々の企業のニーズに合わせた最善の支援やアドバイスをするために、私たち自身が日頃から災害によって引き起こされる身体的・精神的健康被害について話し合い、勉強することが必要だと考えています。

本研究会では、災害医療の専門家・産業保健専門職・健康経営の専門家・経営者・BCP策定の担当者など、様々な立場や分野のつながりによって、被災しても職場の元気を早く取り戻せるような意味のあるBCPやマネジメントを考えていきたいと思います。

​一般社団法人F・Link

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトGoogleプレイスのアイコン
  • 名称未設定-1

​ 個人情報保護方針

© 2023 by Nick Erickson Physiotherapy. Proudly created with Wix.com