​災害産業保健研究会【概要】

(災害さんぽ)

本研究会は、国立病院機構大阪医療センター救命救急センター医長 / 厚生労働省DMAT事務局次長 若井氏を中心に、様々な分野・立場の皆さんがつながり、知恵を出し合って、企業も社会も被災後にいち早く元気を取り戻せるようなBCP策定のポイントをひねり出していきたいと思っています。このような取り組みによって、BCP策定段階から、産業保健機能が組み込まれる重要性を発信できるのが災害産業保健研究会の役割だと考えています。

​参加対象者

​災害産業保健について興味のある専門職・職場の健康管理担当者や経営者・リスクマネジメントの専門家などBCP策定に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

​参加費用​

各回毎の参加費は不要ですが会員登録が必要となります。

(​一般社団法人F・Link会員登録:

個人¥5,000/年 法人¥20,000/年)

​年間開催予定

年4回

4月 7月 10月 1月

年1回

3月に公開セミナー(有料)などを予定 

第3回 災害さんぽ

テーマ

「 九州北部豪雨(佐賀県杵藤)

・台風15号(千葉県)災害対応報告」

大阪医療センター救命救急センター医長/厚生労働省DMAT事務局次長/医師 若井 聡智氏

「中小企業庁 事業継続力強化計画の作成ポイント」

中小企業診断士・社会保険労務士 品川 聡氏

『第3回災害さんぽは、2人の講師の方をお招きします。今回は「健康被害を想定する」をまじめに楽しく検討していきたいと思います』

2019年10月31日(木)

18:30開場 19:00開始

会 場 rassombler「ラソンブレ」本町

    大阪府大阪市中央区北久宝寺町4丁目3番12号

    小原5ビル201号室

定 員 25名(申込受付順)

申 込 2019年9月21日から定員数となるまで

参加条件①一般社団法人F・Link賛助会員であること

    ②災害産業保健について興味がある専門職

     ・職場の​健康管理担当者・経営者

     リスクマネジメントの専門家・BCP策定や

     職場の元気づくりに興味のある方

​主 催 一般社団法人F・Link

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトGoogleプレイスのアイコン
  • 名称未設定-1

​ 個人情報保護方針

© 2023 by Nick Erickson Physiotherapy. Proudly created with Wix.com